渋川へそ祭り2017の日程と見どころと交通規制は?

Pocket

群馬県渋川市の初夏の風物詩として、

ユニークなお祭りが7月に開かれます。

 

その名も渋川へそ祭りです。

 




由来は渋川市が日本国土の地理的に中心であるから、

人の身体の中心である「へそ」になぞらえて「へそ祭り」と名付けられました。

 

 

個性あふれる踊りとパフォーマンスは毎年話題を呼んで、

県内外から多くの見物客が訪れる渋川の大イベントです。

 

そんな渋川祭り2017年の日程や見どころ、

交通規制などを紹介していきます。

 




 

渋川へそ祭り2017の日程、日時は?

 

2017年の渋川祭りの日程は、

7月22日(土)10:00~20:00に開催となります。

 

毎年第4金曜日、土曜日が渋川へそ祭りの開催日だったのですが、

震災等の影響もあり現在は少々縮小傾向のようです。

 

渋川へそ祭りと北海へそ祭り

 

余談なのですが 、

渋川へそ祭りよりも古くから行われているへそ祭りが日本には存在します。




それは北海道富良野市の北海へそ祭りです。

 

渋川へそ祭りは「渋川山車まつり」が行われていました。

 

観光客の増加を狙い知名度アップのために、

北海へそ祭りを視察して渋川へそ祭りが開かれて、

見事に成功し1984年から渋川へそ祭りが続いているのです。

 

渋川へそ祭りの開催場所とアクセス方法は?

 

開催場所は渋川市内の新町五差路付近です。

 

 


 

この交差点に数多くの人が集い、

大規模な踊りパレードやダンスイベントなどが、

催されるというのが例年の主流となっています。


 

そして路上ダンス・パフォーマンスイベントなので、

雨天時が心配なところですが、渋川へそ祭りは、

予想外に毎年雨に見舞われることが多いようです。

 

雨に慣れっこな分、雨天時でも少々調整が入るくらいで、

祭り自体はつつがなく行われているようですよ。

 




 

電車でのアクセス方法は?

 

電車でのアクセス方法は上越線の渋川駅から、

徒歩6分で着きます。

 

 

車では関越自動車道の渋川伊香保ICから約10分で会場に着きます。

 

会場周辺の駐車場が不足しているために、

臨時駐車場が設置されています。

 

パレードの時間帯は交通規制が行われます。

 

新町五差路を中心として、

東西南北の通りが車両通行止めとなってしまうので、

なるべく早めに会場に行くか公共交通機関を使うようにしましょう。

 

祭り中はダンスイベント等に、

 

なんと飛び入りでの参戦もできてしまいます。

 

いざ参加したらヒートアップして自分もやりたくなってしまった。

という人は是非その勢いに乗って参加してみるのも面白そうですね。

 




 

渋川へそ祭りの楽しみ方

 

渋川へそ祭りはダンスパフォーマンスが、

主要なお祭りとなっています。

 

有名なのは「はら踊り」、「浴衣踊り」、「自由踊り」、

他にも路上パフォーマンスも行なわれます。

 

地元民以外の参加も受け付けているという、

懐の広さもポイントですよ。

 

渋川へそ祭りで最も盛り上がるのがへそ踊りパレードです。

 

お腹に大きな顔を描いて軽妙なダンスで、

「腹出せヨイヨイへそだせヨイヨイ」の、

音頭に合わせて大通りを踊って歩く姿は見ているこちらも、

ウキウキ楽しくなってくるイベントです。

 

 

パレードはそれぞれ参加グループが思い思いの、

お腹に絵を描いて踊り歩きます。

 

お腹を出して踊るのが原踊りで他にも 、
浴衣を着て踊る浴衣踊りです。

 

こちらは浴衣を着て盆踊りや日舞など、

それぞれが思い思いに好きなダンスを踊るという内容になっています。

 

腹踊りはちょっと恥ずかしい、という人にはこちらがおすすめですね。

 

 最後は自由踊りになります。

 

こちらはダンスだったらフラダンスでもタヒチアンダンスでもなんでもありです。

 

 

どんなユニフォームを身にまとってもいい、まさに自由さが売りです。

 

ダンスに自信のある人は、

こちらに混ざってみるのもいいかもしれませんよ。

 

「はら踊り」、「浴衣踊り」、「自由踊り」で行なわれるパレードや路上パフォーマンスは、

事前申し出必須ですが、その日の内に飛び入りで参加できるダンスの、

催し物もたくさんあります。

 

体を動かしたい人にとってはやりがいのあるイベントになりますね。

 

渋川へそ祭りの屋台は?

 

屋台はメイン会場を中心に幅広く広範囲に及ぶのが、

毎年の流れのようです。

 

お祭りの定番メニューは勿論立ち並びますが、

渋川へそ祭りに来たならば「焼きまんじゅう」と「へそ饅頭」を食しておきましょう。

 

 

焼きまんじゅうは、具のない皮だけ饅頭に味噌餡を塗って焼いた、

甘じょっぱい群馬の伝統おやつです。

 

 

へそ饅頭は、へそに見立てて作られた渋川名物の餡入り饅頭です。

 

どちらも大変美味しいので、

この機会に是非食べてみて欲しいですね。

 

元々この渋川へそ祭りは、

寂れる一方だった渋川市の活性化のために企画されたお祭りだったそうです。

 

旅行ガイドにも載せてもらえない程沈滞化してしまった渋川市を、

ここまで盛り立てたのは、この渋川へそ祭りがあってのものだったわけですね!
 

関連記事

  1. 川崎山王祭2017の開催日程と屋台や神輿の時間は?

  2. 昭島市民くじら祭夢花火2017の日程や見どころは?

  3. 潮来祇園祭禮2017年の日程と見どころは山車は圧巻

  4. 市川市民納涼花火大会2017の開催日と見どころは?

  5. 阿佐ヶ谷七夕祭り2017年の開催日や見どころは?

  6. 葉山花火大会2017の日程や開催時間、穴場スポットは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。