秩父川瀬祭2017年の日程や見どころをご紹介

Pocket

埼玉県秩父市で行われる「秩父川瀬祭」は、

冬に行われる秩父夜祭と対になる催しで、

夜祭に対して「昼」のお祭り、冬に対して「夏」のお祭り、

おとなに対して「子供」のお祭りとして良く知られている、

夏の秩父を代表するお祭りです。

 




 

宵祭りには、豪華絢爛な8基の笠鉾、

屋台が秩父屋台囃子のリズムに乗って曳き回され、

囃子手を子供たちが無我夢中で務めるのも魅了されるひとつです。

 

最終日に行われる、重さ約400kgもの神輿が、

荒川の清流の中へと入る「神輿洗いの儀式」も優れたところで、

荘厳で迫力ある姿は必見です。

 

 

 

今回は、秩父川瀬祭の日程や見どころ&アクセスや、

駐車場情報についてご紹介します。

 




 

秩父川瀬花火大会の日程やアクセス方法は?

 

秩父川瀬花火大会の日程は、

2017年7月19日の水曜日です。

 

※小雨決行、荒天気は7月20日に延期

 

開催時価は20:00~21:00です。

 

打ち上げ場所は、

道の駅ちちぶの東側の丘陵です。

 

 

住所は埼玉県秩父市大宮4625です。


 

 

花火の打ち上げ数は約1300発で、

昨年の集客数は何と4万人を超えています。

 

 

電車でのアクセス方法は、

秩父鉄道の「秩父」駅から下車して徒歩約5分で会場に着きます。

 

 

または西武鉄道の、

「西部秩父」駅を下車して徒歩約15分で着きます。

 

 

車でのアクセス方法は、

関越道の「花園IC」から国道140号経由で、

約50分で到着します。

 

 

※当日は会場周辺で交通規制があるそうです。

 

 

無料の駐車場はあり、

300の収容台数です。

 

 

場所は秩父市宮地グランドです。

 

※秩父川瀬祭(川瀬斎場、神輿・笠鉾・屋台曳行ルート内、花火会場等)におけるドローン等の飛行、撮影は禁止されていますのでご注意を!

 




 

秩父川瀬祭の見どころは?

 

秩父川瀬祭は、2日間にわたって開かれ、

19日は宵宮で、20日が本宮になります。

 

 

秩父川瀬祭は、12月2日・3日に行われる「秩父夜祭」と対をなす祭りで、

秩父夜祭を「冬の夜の大人」の祭りとすると、

秩父川瀬祭は、「夏の昼の子供」の祭りとされ、

秩父神社の300年以上の伝統を誇る夏祭りなんです。

 

贅沢な笠鉾4台と屋台4台が、

秩父市内を「秩父屋台囃子」のサイクルに乗って曳き回されます。

 

 

花鉾や屋台は、色どり豊かで、装飾も他の祭りの山車などとは、

違う色彩豊かな装飾が見どころで、花鉾や屋台のまわりに、

子どもたちの姿が多いのも秩父川瀬祭の大きなポイントかもしれません。

 

 

 

秩父川瀬祭花火大会は1300発と小規模の花火大会ですが、

秩父の四季を花火で表現するなど趣向を凝らした花火が毎年打ち上げられます。

 

またスターマインや尺玉などの花火を間近で楽しむ事が出来るのも、

秩父川瀬花火大会の魅力の1つです。

 

また花火大会の当日は市内で秩父川瀬祭りが行われており、

 

昼はお祭り、夜は花火大会など1日中楽しめるのでお勧めです。

 




また近隣の花火大会と比べると、混雑は少ないので、

気合を入れて場所取りをする必要はありませんが、

少し早めに場所取りをしておくと絶景の花火を堪能することが出来ます。

 

 

秩父花火大会2017の穴場スポットは?

 

 

秩父川瀬花火大会の穴場スポットは少なく、

オススメとしては秩父今宮神社でしょう。

 

 

比較的に混雑することなく花火をゆったりと鑑賞する事が出来ます。

関連記事

  1. 隅田川花火大会が見えるレストランを徹底公開

  2. 美里夏祭り花火大会2017 の日程や見どころ、穴場スポットは?

  3. 昭島市民くじら祭夢花火2017の日程や見どころは?

  4. さいたま市花火大会(東浦和大間木公園会場)2017の日程や穴場スポット、見どころは?

  5. かつうら若潮まつり花火大会2017の開催日や見どころ、穴場スポットは?

  6. 木更津港まつり花火大会2017の日程と見どころは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。