祭り

えびな市民祭り花火大会2017年の日程や時間や誰も知らない穴場情報

Pocket

海老名市の夏の最大のイベント、

「えびな市民まつり」のフィナーレを飾る花火大会が今年も始まります。

 

えびな市民まつりのグランドフィナーレを飾るスターマインは、

迫力満点で見ごたえありますよ。

 

 

今年からは海老名市民の皆様からの募金を募り、

前回までの打上数を超える2500発もの花火が打ち上げられます。

 

 

そんなえびな市民祭り花火大会2017年の日程や時間について、

駐車場や混雑状況、穴場なスポットについてもご紹介します。

 

 

えびな市民祭り花火大会2017年の日程や時間は?

 

えびな市民祭りの日程や詳細時間は、

以下の通りです。

 

2017年7月24日(日)

荒天時中止

時間は19:20~19:40

打ち上げ数は2500発もの花火が打ち上げられます。

 

えびな市民祭り花火大会2017の会場やアクセス方法は?

 

えびな市民祭りの会場は、

海老名運動公園です。

 

住所は神奈川県海老名市社家4032-1です。

 

 

集客人数は去年が約14万人の来場者数だったので、

今年も15万人近くの方がえびな市民祭りの花火を見に、

来場されるのではないのでしょうか。

 

最寄り駅は小田急小田急線、JR相模線の

「厚木駅」から徒歩で15分です。

 

またはJR相模線「社家駅」より徒歩15分で着きます。

 

えびな市民祭りのイベントは?

 

えびな市民まつりでは、陸上競技場、プール前広場、

多目的広場、冒険広場・総合体育館、疎林広場など、

5つの会場を設けて、見たり楽しんだり、

飲んだり食べたりすることが出来ます。

 

詳細イベントとしては、

・えびなバザール(陸上競技場)

市民まつりのメイン会場。

 

飲食や物販のブースやステージなどが主

・サマービーチランド(プール横広場)

フラダンスのステージなど

・防災消防ランド・雪でアソビナ(多目的広場)

消防車両の乗車体験やNEXCO中日本の道路維持車両、

自衛隊車両の展示、防災ブースの出店など

・キッズランド、ニュースポーツランド

子供が楽しめるアトラクションやブースを設置。

お馴染みの玉入れやドッチビーなど、

ニュースポーツを体験できます。

 

 

・ポニーふれあいランド(疎林広場)

ポニーの曳き馬や乗馬などの乗馬体験。

2016年はいきものがかりがゲストとして登場するなど、

かなり豪華なイベントとなります。

 

えびな市民祭り花火大会 駐車場&混雑状況は?

 

えびな市民まつりの会場である海老名運動公園の駐車場は、

交通規制が行われていますので、利用できません。

 

ですが周辺に臨時駐車場が設置されますので、

車で来場される方は係員の指示に従って下記の駐車場に停めてくださいね。

海老名市役所臨時駐車場

住所:海老名市勝頼175-1

会場までは無料シャトルバスを利用

 

中新田小学校臨時駐車場

住所:海老名市中新田1-15-1

会場まで徒歩16分

 

社家小学校臨時駐車場

住所:海老名市社家678会場まで徒歩16分

 

 

えびな市民まつりは朝から行われていますので駐車場は、

午前中の内に満車になることがほとんどですので、

車で行かれる場合は早めに駐車する事が必要になります。

 

なので花火大会の時間をめざしてこられる場合は、

海老名駅からシャトルバスが運行していますので、

公共交通機関を利用するようにしましょう。

 

えびな市民まつりの交通規制の時間帯は?

 

えびな市民まつり開催当日は10:00~21:00の間交通規制が行われます。

えびな市民まつりのシャトルバス情報!

 

えびな市民まつりでは、「海老名駅東口ロータリー」および、

「海老名市役所」より20分間隔で無料のシャトルバスが運行します。

 

ただし、シャトルバスも花火大会前には混雑しますので、

時間に余裕をもって行動することをおすすめします。

 

えびな市民まつりの混雑具合は?

 

えびな市民まつりは、

毎年14~15万人以上の方が訪れる神奈川県海老名市の夏の大イベントです。

 

朝から5つのエリアで様々なイベントが行われており、

屋台なども90店舗以上出店しています。

 

お昼時や夕方~花火大会開始前までは行列ができていますので、

混雑を避けるのであれば、午前中か、14:00~17:00ぐらいなどは、

比較的すいていますのでおすすめです。

 

えびな市民祭り花火大会 穴場なスポットもご紹介!

 

打ち上げ場所である海老名運動公園は広い公園ですので、

どこからでも花火を観覧することができます。

 

あえて穴場スポットを紹介すると、

海老名運動公園の対岸にある「旭スポーツ広場周辺」です。

 

多くの方は、えびな市民まつりを楽しんだ後に、

花火大会の観覧をされる方が多いので、

海老名運動公園に集中する傾向があります。

 

しかし、対岸に行くには回る必要があるので混雑もありません。

また、えびな市民まつりや屋台も楽しみたいし、

 

間近で花火を楽しみたいという方には、有料席がおすすめです。

 

えびな市民まつり花火大会の有料席は?

 

えびな市民まつりの花火大会では有料席の詳細は下記の通りです。

 

◆料金:

1000円/1席(陸上競技場スタンド席)

300円/1席(野球場外野席)

◆席数:
1000席(陸上競技場スタンド席)

400席(野球場外野席)◆販売場所:

えびな市民まつり実行委員会事務局窓口

海老名市役所市民活動推進課窓口

 

有料席はほぼ正面で花火が打ち上がりますので、

花火の振動や音なども大迫力で楽しむことが出来ます。

関連記事

  1. 野田みこしパレードの開催場所と時間や屋台情報を暴露
  2. 小田原酒匂川花火大会2017の開催日と穴場スポットは?
  3. 熊谷うちわ祭り2017年の日程とアクセス、交通規制は?
  4. 青龍祭2017の日程や見どころは?
  5. 一宮町花火大会2017年の日程や見どころ、穴場スポットは?
  6. さいたま市花火大会の穴場スポット3会場分まとめ情報!
  7. 八丈島納涼花火大会2017の日程や見どころは?
  8. 御宿花火大会2017の日時や屋台情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP