祭り

江戸川区金魚まつり2017の開催日と見どころは?

Pocket

夏祭りと言えば射的やかき氷、ヨーヨー釣りなど、

祭りの中で様々なものがあります。

 

子供の頃を思い出したときに、

魅力的なのが金魚すくいです。

 

 

今回はそんな江戸川区で行われる、

「江戸川区金魚まつり2017」をご紹介します。

 

熱くなってくる季節ですが、

水の中で華麗に踊る金魚たちを見て、

一時期涼しい気分に浸りましょう。

 

江戸川区金魚まつりのイベントって?

 

東京都江戸川区の金魚養殖は、

「金魚三大産地」の1つで愛知県弥富市、

奈良県大和郡山市と並んで日本トップの品質を保っています。

 

 

そんな金魚の町の側面をさらに、

よく知ってもらおうと始まったのが、

「江戸川区金魚まつり」なんです。

 

 

2017年で46回目を迎える、

江戸川区では例年のイベントとなりました。

 

夏祭りの屋台でおなじみの金魚すくいや、

江戸川区の特産品がずらりと並ぶ、

露店といったおまつりらしい楽しみはもちろんです。

 

 

 

さらに江戸川区の職人さんたちが、

腕によりをかけて育てた高級金魚の、

即売会なども行われます。

 

江戸川区金魚祭り2017の日程は?

 

毎年江戸川区金魚祭りは7月の下旬に行われています。

 

 

2017年は7月22日(土)と23日(日)の2日間で開催されます。

 

具体的な日程は

7月22日(土)10:00~18:00

7月23日(日)10:00~16:00

です。

 

 

江戸川区金魚祭りのアクセス方法は?

 

毎年会場は行船公園で行われます。

 

住所は東京都江戸川区北葛西3-2-1

です。

 

 

行船公園の最寄り駅は東京メトロ東西線の「西葛西駅」ですが、

駅から少し距離があります。

 

15分ほど歩くか、駅から出ている都営バス「新小岩駅行き」を、

「北葛西二丁目」まで利用する事をお勧めします。

 

最寄りのインターチェンジは首都高速湾岸線の、

「葛西」インターチェンジです。

 

公園には駐車場がないので、

すぐ北にある有料駐車場を利用しましょう。

 

江戸川区金魚まつりの見どころは?

 

金魚祭りにきたからにはお気に入りの金魚をすくって、

帰りたいですよね。

 

展示即売コーナーでは20種類状の金魚を販売しているので、

じっくりみて選ぶようにしましょう。

 

一緒に飼育器具なども販売されているので、

初めて金魚を飼ってみる方でも安心です。

 

 

金魚を飼うポイントをここでおさらいしましょう。

 

・水槽に金魚をいれすぎない

水槽に沢山の金魚を入れると水中の酸素が少なくなってしまい、

弱ってしまいます。

 

・温度管理や水質にも注意

水温は18~28度が適温です。

 

・餌は少しずつ

金魚には胃がないので、

一度にたくさんの餌を与える事が出来ません。

 

 

食べ残した餌が多いと水が汚れて病気の原因にもなってしまうので、

食べきれる餌をあげるようにしましょう。

 

江戸川区金魚まつりでは、

1回500円で出来る高級金魚すくいもあり、

ランチュウ・オランダシンガシラ・アズマシニキ・タンチョウ・チャキンなど、

公休品種をすくえます。

 

現在子供の人は楽しく金魚を眺めることができるので、

夏休み最初のお出かけにぴったりなイベントと言えそうです。

 

関連記事

  1. 奥多摩納涼花火大会2017の開催日程と見どころは?
  2. 葉山花火大会2017の日程や開催時間、穴場スポットは?
  3. 立川よいと祭りの開催日と見どころは?
  4. 隅田川花火大会2017年の開催日や穴場スポットを徹底紹介
  5. 新宿エイサーまつり2017の日程と見どころ情報
  6. 小見川花火大会2017の穴場スポット、駐車場や交通規制は?
  7. 岩井海岸納涼花火大会2017の日程と見どころは?
  8. 佐倉市民花火大会2017日程や見どころ、穴場スポットは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP