夏のイベントマップ

佐原の大祭2017年の夏祭りの日程と見どころ大特集

Pocket

関東三大山車祭りの一つに挙げられるのが「佐原の大祭」は、
約300年もの伝統を持つ歴史あるお祭りでもあります。
総ケヤキ造りの山車本体には、
関東彫りによる重厚な獅子や龍などの彫刻が装飾され、
上部には江戸・明治期に名人人形師により制作された、
高さ4メートルにも及ぶ大人形が装飾を施されており、
見事な山車は見ごたえたっぷりです。
日本三大囃子「佐原囃子」を町中に響かせながら、
小江戸と言われている町並みの中を、見応えのある山車が、
家々の軒先をかすめ進む姿や、山車を勢いよく廻す、
「のの字廻し」など担ぎ手の渾身の威勢の良い姿は、
ついつい拍手を贈ってしまう活気で溢れるお祭りです。
関東三大山車祭りの一つであり、
約300年の伝統を誇るお祭り行事となっています。
そんな人気の観光スポットの佐原の町の、
1年に2回しか見る事が出来ない佐原の大祭の日程だったり、
見どころをこれから紹介していきます。

佐原の大祭夏祭り2017の日程は?

佐原の大祭は、夏の7月10日以降の金曜から日曜日に行われる、
「八坂神社祇園祭」に毎年行われます。
今年は2017年の7月14日(金)~16日(日)で開催されます。
開催時間は10:00~22:00までとなっており、
夏祭りに10台の山車がそれぞれ曳き廻されます。
会場は香取市佐原本宿地区の八坂神社周辺、
小野川東側一帯で行われます。
住所が千葉県香取市佐原1になります。

佐原の大祭2017のアクセス方法は?

日程が分かったところで行き方が分からなければ、
いく事が出来ませんよね。
佐原の大祭のアクセス方法は
電車の場合、JR成田線「佐原」駅下車してから徒歩約10分
車でお越しの場合、
東関東自動車道「佐原香取IC」より約10分
東関東自動車道「大栄IC」より約20分
で会場に着きます。
高速バスを利用する場合は、
「東京」駅から京成バス・千葉交通の、
【浜松町・東京駅発佐原経由銚子行】に乗車、
「佐原駅北口」下車、徒歩約10分
「東京」駅から関鉄グリーンバスの【東京駅発鉾田駅行】に乗車して、
「佐原駅」で下車、徒歩約10分で着きます。
駐車場は利根川河川敷臨時駐車場が、
無料で1000台まで駐車する事が出来ます。
なので早めに来て利根川の河川敷の駐車場を確保しましょう。
臨時中さy上からお祭り区域までシャトル船が運行しており、
9:00~21:00までで大人だと往復券で1300円、子供だと700円となっております。

佐原の大祭のスケジュールや見どころ、楽しみ方は?

佐原の大祭夏祭りのスケジュールは、
7月14日(金)
10:00~ 山車乱曳き(10台)
随時 のの字廻し(指定場所あり)
随時 佐原囃子と手踊りの披露(お祭りステージ広場など随所)7月15日(土)
10:00~ 山車乱曳き
17:00頃 山車整列完了(10台)
18:00~ 提灯へ灯入れ、各町総踊り
18:20~ 通し砂切り~のの字廻し
随時 佐原囃子と手踊りの披露(お祭りステージ広場など随所)7月16日(日)
10:00~ 山車乱曳き
11:00頃 神輿の神幸
随時 のの字廻し(任意)
随時 佐原囃子と手踊りの披露(お祭りステージ広場など随所)
がスケジュールとなります。

 

見どころは小江戸佐原の町並みの仲を曳きまわされる山車でショウ。

 

佐原の大祭の夏祭りでは本宿地区を10台の山車が曳きまわされます。

山車の上にある大人形や作りはそれぞれ違うので、

様々な山車を拝見する事が出来ます。

掛け声とともに担ぎ手が一斉に曳き回す渾身の姿や男たちの、

真剣なまなざしは身近で見ると迫力満点です。

 

・「のの字廻し」

山車に向かって左前の車輪を軸として、

『の』の文字を描くように後輪を担ぎ上げるよう数回転させるもの「曲曳き」です。

力の集中のつり合いがくずれると、山車は方向性を失ってしまいますので、

この軸をずらさず旋回させることが曳き手の妙技といわれます。

「のの字廻し」最中は、山車の停止は恥とされて、

ゆっくりと旋回することが上手とされます。

・「そろばん曳き」

山車を、そろばんを逆にして前後に転がすように、

山車を曳き廻す「曲曳き」です。

前進時には、アップテンポのお囃子にあわせて手早く進み、

所定の位置で急停止させ、間髪入れずにスローテンポなお囃子にのせ、

ちょっとずつ後退し、これを何回も繰り返します。

全員の息が合っていないと非常に危険で、

一歩まちがえば【ご破算】となるので、そろばん曳きと呼ばれています。

 

 

 

佐原の大祭周辺のおすすめスポットは?

 

せっかく遊びに来たのでその周辺のおすすめスポットも紹介していきます。

 

まずは、

水郷佐原山車会館

です。

 

住所は千葉県香取市佐原イ3368です。

 

 

佐原の大祭で使用される山車を間近で見物する事が出来ます。

 

展示されている山車などは全て夏祭り、秋祭りに入れ替えを行っているので、

毎年違う展示内容を見る事が出来ます。

 

伊能忠敬記念館

住所は千葉県香取市佐原イ1722-1です。

 

初めて日本の実測地図を作り上げた伊能忠敬の半生や、

業績が展示されています。

 

せっかく佐原の街を訪れたので、

ついでに観光してみてはいかがでしょうか?

 

佐原の街には他にも様々な観光スポットがあるので、

時間があるならばぜひ観光してみると色々な思い出が作れてよいかもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    Ninja Tools