夏のイベントマップ

鴨川花火大会の日程と穴場スポット情報

Pocket

鴨川シーワールドで有名な千葉県鴨川市の花火大会は、

水中花火が見どころで約5000発の花火が打ち上げられます。

 

「日本の渚・百選」にも選ばれた前原・横渚海岸を舞台に繰り広げられます。

 

そんな鴨川花火大会の日程とアクセスについて紹介します。

 

穴場スポットも合わせて紹介していきます。

 

鴨川花火体愛の日程や開催時間は?

 

鴨川花火大会の今年の日程は、

2017年 7月 29日(土)で開催時間は

19:30~20:20となります。

 

荒天の場合は7月30日または31日のいずれかに延期されます。

 

会場は千葉県鴨川市 / 前原・横渚海岸で行われます。

 

毎年7万人近くの観光客が鴨川花火大会を楽しみに集まってきます。

 

鴨川花火大会のアクセス方法は?

 

会場へのアクセス方法は、

電車でお越しの場合はJR安房鴨川駅から徒歩で5分ほどで到着します。

 

JR東京メトロ東京駅から高速バスの鴨川行きに乗って、

120分ほどで鴨川下車してから徒歩5分ほどで会場です。

 

車でお越しの場合は、

館山道君津ICから車で40分ほどで到着します。

 

駐車場は有料駐車場があり、

1台1000円となり交通規制もあるのでなるべく公共交通機関で、

お越しになるのをおすすめします。

 

交通規制の情報としては、

海浜プロムナード周辺で18時〜21時30分まで交通規制となっております。

 

鴨川花火大会の穴場スポットは?

 

花火大会なのでやっぱりきれいな花火を堪能したいですよね。

 

そのためには早めに穴場スポットに向かって場所取りをしておくのが、

一番です。

お金に余裕があるのであれば、有料席があり、

 

特別観覧席【限定80席】で

お一人様 2,000円(税込・ソフトドリンク付き)

時間は16:00~花火終了までで、1テーブルに付き4席あります。

 

ただし、4名未満で申し込みの場合、相席になるようです。

 

この有料席が取れなければ、穴場スポットに計画的に行って、

早めに場所取りをしておきましょう。

 

鴨川花火大会2017の穴場スポットは、

魚見塚展望台

です。

 

千葉県鴨川市貝渚3277

 

 

鴨川市を一望できる展望台なので、

高い場所から花火を見ることができます。

 

ただ、打ち上げ会場からは結構離れているので、おすすめ度は低いです。

 

 

鴨川漁港灯台付近

 

打ち上げ会場からかなり近い上、人もほとんどいなくて、

快適に花火を見ることが出来ます。

 

駐車場というのはないですが、、

道が広いので止めておいても大丈夫です。

 

またトイレが近くにあるのでお子様連れの方にとっては、

安心ですよね。

 

鴨川シーワールドで遊んだ後、夜は花火を楽しんで、

夏の思い出を作るのも良いのではないのでしょうか。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    Ninja Tools