祭り

江東花火大会2017の日程と見どころ、穴場スポットは?

Pocket

江東花火大会といえば東京でも人が大勢訪れる、

人気の花火大会ですよね。

 

江東花火大会荒川から打ち上げられる花火を

両側の河川敷で見上げながら見るという、
昔ながらの感じが魅力ですね。

 

 

荒川に浮かべた台船から打ち上げられる江東花火大会は、

打ち上げ数は少ないのですが閲覧エリアまで150m以下なので、

大迫力の花火を近くで味わうことが出来ます。

 

最大4号玉を見ることができ、

スターマインなんかも迫力があります。

 

 

ですが江東花火大会は毎年人気で35万人ぐらいの人が河川敷に集まります。

 

場所取りもかなり激化するというか競争になるので大変です。

 

そこで今回は江東花火大会の2017年の日程や穴場5選から
場所取り・有料席・屋台情報などをご紹介します。

 

 

江東花火大会2017の日程は?

 

第35回を迎える江東花火大会ですが、

年は8月1日(火曜)の19時40~20:30で開催されます。

 

打ち上げ数は約4000発打ち上げられ、

荒川の川面に咲き誇る花火と夜景は一層綺麗ですよね。

 

 

 

江東花火大会2017のアクセス方法は?

 

江東花火大会の会場が、

荒川・砂町水辺公園(江東区東砂8-22)で行われます。

 

 

電車でのアクセス方法は、

東京メトロ「南砂町」駅下車して徒歩で約15分の所が会場です。

 

駅からの生き方は2番A又は3番出口を出て徒歩で約15分歩きます。

 

都バスを利用の際は、

JR「亀戸」駅より(乗車口:亀戸駅北口)

・亀21(東陽町町駅行き)に乗車して「東砂6丁目」で下車します。

 

徒歩で約6分歩いたところに会場があります。

・亀24(東砂6丁目行)に乗車して、「東砂5丁目」停留所を下車します。

 

徒歩で6分の所に会場があります。

 

車でお越しの方は、首都高速「清新町IC」から下車して、

約2.5キロ程車で走ると到着します。

 

ただ17時半~21時半まで交通規制が入っており、

駐車場も現地では用意していないので、

なるべく交通公共機関でお越しになる事をお勧めします。

 

 

都内の花火大会であるために、

会場にはかなりの人が集まり可能性が高いです。

 

特に花火大会終了直後の「南砂町駅」は駅構内も狭くて、

大量の人数を消化する事が出来ずに大混雑します。

 

 

それを防ぐためには近隣に住んでいる人は、

自転車がお勧めです。

 

 

 

 

江東花火大会では葛西橋下および清砂大橋下に、

臨時自転車駐輪場が設置されますので、

帰りの混雑を考えると自転車での移動がお勧めです。

 

 

江東区コミュニティサイクルでは24時間好きな時間に、

自転車をレンタルする事が出来ます。

 

なので早めにレンタルしておいて、

花火大会終了後に返却するのもアリですよね。

 

レンタルしたサイクルポートではなくても、

どこのサイクルポートに返却しても良いのがまた利便性が良い所です。

 

 

江東区花火大会2017の有料席情報は?

 

江東花火大会は花火大会では珍しいですが、

有料席がない大会になります。そこで場所取りに関しては早朝から確保する人も多く、

なかなか良い場所で見るのが難しいです。

 

 

ですが、花火大会当日は屋形船も出ています。

 

屋形船でコース料理を食べながら見るのも

贅沢で良い夏の思い出になるかもしれませんね。

 

 

屋形船は事前の予約で埋まってしまうので、

早目の予約が必須となります。また屋形船によって内容や料金が変わってくるので、

各ホームページなどを確認してみてください。

江東区花火大会2017の屋台情報は?

 

江東花火大会は人が大勢来るということもあり、

それに合わせて屋台も出店されます。

 

 

屋台の出店場所は、

「南砂町駅近辺の東西線の線路沿い」になります。

 

 

河川敷近くには屋台はないそうなので、

先に買っておく必要がありますね。

 

ただ、屋台も混雑すると思うので、

早めに購入を済ませて河川敷に

向かうのがいいのかなと思います。

 

 

屋台は昔ながらのものが多く、

珍しい食べ物などはないみたいですね。

 

江東区花火大会2017の穴場スポットは?

 

 

江東花火大会は都内では比較的混雑しないほうではありますが、

それでも去年は35万人以上の人が訪れました。

 

メイン会場は場所取りも早朝から来る人もいるので、

良い場所を確保するのはかなり大変です。

 

そのためには早い段階で穴場スポットを押さえるようにしましょう。

 

まず1つ目の穴場スポットは、

清砂大橋付近

です。

この場所は会場から南側にある清砂大橋付近で潮風が吹くので、

煙が北側に流れやすく、花火の煙に邪魔されることなくきれいな花火も見る事が出来るので、

写真を撮りたい人も打ってつけの場所になります。

2つ目の穴場スポットは、

荒川砂町水辺公園

です。

 

 

 

個々の場所は間近で正面から大迫力の花火を見る事が出来る場所ですが、

人気スポットなので早めに場所取りをするしておく必要があります。

 

3つ目の場所は

夢の島東少年野球場付近

です。

 

 

 

この場所は少し花火の打ち上げ場所から離れていますが、

花火を一望する事が出来る最高の場所です。

 

新木場からも近いので、

人混みが苦手な人はこの場所で花火を楽しむことが出来ます。

 

ここまで江東花火大会の2017年の日程や時間から

穴場の場所取り情報や屋台に関してご紹介しました。

 

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

関連記事

  1. 小川町七夕まつり花火大会2017の日程と駐車場や穴場は?
  2. 昭島市民くじら祭夢花火2017の日程や見どころは?
  3. 千葉の柏祭り2017年の日程と見どころ大特集
  4. 川越氷川神社縁結び風鈴2017の日程や楽しみ方は?
  5. 隅田川花火大会が見えるレストランを徹底公開
  6. 神楽坂まつり2017年の屋台がすさまじい!?日程やアクセス方法は…
  7. 新橋こいち祭り2017の日程と屋台はや浴衣美人コンテストは?
  8. 木更津港まつり花火大会2017の日程と見どころは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP