夏のイベントマップ

浦安市花火大会2017年の日程や穴場&場所取りスポットは?

Pocket

宗家花火鍵屋によるプロデュースで、

光と音のコラボレーションが満喫する事が出来る浦安市花火大会が今年も始まります。

 

浦安市花火大会と言えば地元ではかなり人気のイベントであり、

人も地域の方も含めて多くの人が訪れます。

 

浦安という海が見えるという好立地でもあり、

毎年13万人もの人が訪れるとても大きな花火大会です。

 

 

 

 

各テーマにあわせて豪華絢爛な花火の演出が行われます。

 

音楽が加わることで、いつもの花火も段違いに、

感動的な花火に様変わり、すさましい光と音の演出の花火は見逃せません。

 

そんな浦安市花火大会2017年の日程や、

駐車場&おすすめの穴場や場所取りスポットについてご紹介します。

 

 

 

 

浦安市花火大会の日程は?

 

浦安市花火大会の開催日は、

2017年7月29日(土)で開催時間は19:30~20:30

になります。

 

打ち上げ数は6500発もの花火が、

光と音のコラボをしながらテーマに合わせてアナウンスと一緒に、

BGMが流れて花火が打ち上げられます。

※荒天の場合は中止

 

 

浦安市花火大会のアクセス方法は?

 

会場はシンボルロード沖合(護岸より約350m)であり、

観覧会場は浦安市総合公園他(一部有料席あり)です。

 

住所は千葉県浦安市明海7-1-1です。

 

 

 

電車でのアクセス方法は、

JR「新浦安駅」下車、徒歩約25分

※JR「新浦安駅」および東京メトロ「浦安駅」からシャトルバスが運行されます。

 

「新浦安駅」のシャトルバス詳細◆バス発着場:東レ本社前

◆行き:17:00~19:30予定

◆帰り:20:30~22:00予定「浦安駅」のシャトルバス詳細◆バス発着場:ダイエー浦安駅前店前

◆行き:17:00~19:30予定

◆帰り:20:30~22:00予定

 

駐車場はないので公共交通機関を利用して訪れる事をお勧めします。

 

また会場周辺に交通規制があり17:00~21:30の会場周辺道路で、

車両規制がされます。

 

 

浦安市花火大会2017のスケジュールは?

 

1.その手に夢を

2.さざ波のシンフォニー

3.ブーケdeサンキュウ

4.My Sweet PINK

5.わんダフル☆にゃんダフル

6.The Passion of Fire

7.明日への希望

 

 

混雑を避けるためには?

 

シャトルバスは毎年、

大変な混雑します。

 

なので混雑を避けるのであれば、

歩いて会場へ向かうのが無難でしょう。

 

タクシーを利用して会場入りもおすすめですが、

夕方17時以降は交通規制が開始されてしまうために、

規制区域内への車両の侵入が禁止されますので、

早めの現地入りが必要になってきます。

 

 

また、帰りもシャトルバスは長蛇の列です。

 

並ぶよりも歩く方が早い場合もあるので、

状況を見極めて徒歩で駅を目指すことも考えましょう。

 

また、会場から離れてタクシーを捕まえる手もおすすめです。

 

タクシーに乗る場合は、数駅離れた駅を目指して混雑回避をしましょう。

 

 

 

浦安市花火大会の駐車場は?

 

浦安市花火大会では、

駐車場は配備されていません。

 

もし車でお越しになる場合は、

新浦安駅周辺の有料駐車場やコインパーキングを利用するようにしましょう。

 

新浦安駅周辺の有料駐車場情報タイムズショッパーズプラザ新浦安

住所は千葉県浦安市入船1-4

 

 

収容台数は1063台で、

営業時間:06:00~01:00までとなっております。

 

料金は月~金 300円/30分(06:00~01:00) 500円/300分(01:00~06:00)で、

最大料金:月~金 800円 土日祝 1500円になります。

 

タイムズアトレ新浦安店

住所は千葉県浦安市入船2-3です。

 

 

 

収容台数:73台で営業時間:24時間になります。

料金は月~金 400円/60分(10:00~-00:30) 100円/60分(00:30~10:00)

※ただし、60分以降200円/30分(10:00~-00:30))

最大料金は1400円(24時迄)

新浦安モナ駐車場

住所は千葉県浦安市入船1丁目7番です。

 

 

収容台数は400台であり、

営業時間は07:00~23:59となっております。

 

料金は400円/60分(07:00~00:00)以降200円/30分、

100円/60分(00:00~07:00)以降100円/60分です。

 

最大料金は1,000円となります。

※ただし、交通規制範囲も予定よりも広範囲に広がる場合がありますので、

 

規制範囲は事前にご確認ください。

 

 

 

浦安市花火大会の有料席情報は?

 

浦安市花火大会では有料席というのが設置されています。

 

一般の有料席はベイサイド席と言われており、

C、B、A、S席とがあります。

 

打ち上げ場所委が近い順に値段は変わってきます。

 

浦安市民向け応援席:500円

ベイサイドC席:500円

ベイサイドB席:500円

ベイサイドA席:1500円当日:1800円

ベイサイドS席:2000円当日:2300円

グループエリア:5000円当日:5500円

で見る事が出来ます。

 

 

グループエリアではブルーシートを自分たちで持ち込んで、

花火を楽しむような形になります。

 

購入場所は、

1:ローソンチケット

2:セブンチケット

3:ファミポート

4:チケットぴあ

5:CNプレイガイド

となっております。

 

 

 

浦安市花火大会の屋台情報は?

 

浦安市花火大会は大勢の人が花火を楽しみに集まる、

大イベントですが実は屋台をメインに楽しみにしている人も少なからずいます。

 

屋台の出店場所は「浦安市総合公園の防風林沿いと、

浦安市青少年交流活動センターの周辺委屋台は出店します。

 

出店時間は大体16時~17時から21時までとなっております。

それでは肝心の穴場スポットを紹介していきます。

 

 

浦安市花火大会2017の穴場スポットは?

 

浦安市基地公園は当日立ち入りは禁止で、

花火は見る事が出来ないので注意しましょう。

 

一番の穴場スポットは、

高洲海浜公園

です。

 

 

 

ここなら会場以外で一番見やすいスポットとなりますから、

光と音のコラボの花火もキレイに見る事が出来ます。

 

2つ目の穴場スポットは、

高洲中央公園

です。

 

 

 

高洲中央公園は打ち上げ場所から多少離れていますが、

比確定に空いているので、ゆくり花火を見るj事が出来ます。

 

最寄り瑛は浦安栄荒徒歩で28分に着くので、

あまり混雑もしません。

 

なので人混みが嫌いな人はうってつけの場所です。

 

境川沿いには高いマンションが立ち並んでいるので一部見ることができない場所もありますが、

よい場所を確保すればキレイに見ることができます。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    カテゴリー

    Ninja Tools