夏のイベントマップ

葉山花火大会2017の日程や開催時間、穴場スポットは?

Pocket

 

夏と言ったら海と花火大会ですよね。

 

その両方を楽しめるのが神奈川県の葉山で開催される葉山花火大会です。

 

葉山花火大会は森戸海岸を舞台に、

約1200発の花火が打ち上げられます。

 

 

 

なんといっても水中と空中j花火の共演がとても豪華で、

キレイなんです。

 

今回は、2017年の葉山花火大会の日程や時間、

そして穴場スポットをチェックしていきたいと思います。

 

 

 

葉山海岸花火大会2017年の日程や時間は?

 

葉山海岸花火大会は今年で52回目を迎えます。

 

葉山海岸花火大会の開催日程は、

7月26日の水曜日です。

 

打ち上げ時間は19:30~20:15で開催されます。

 

打ち上げ数は約1200発で毎年3万2千人の人が、

葉山海岸花火大会を見に集まってきます。

 

 

葉山海岸花火大会2017の打ち上げ場所とアクセス方法は?

 

葉山海岸花火大会の打ち上げ場所は、

森戸海岸沖または一色海岸防波堤です。

 

 

アクセス方法は電車で行く場合、

JR逗子駅から3番バス乗り場または京急線新逗子駅から2番バス乗り場で、

海岸周り葉山行きのバスで15分乗って「森戸海岸」下車して徒歩1分で会場に着きます。

 

 

車で行く場合は、

横浜横須賀道路逗子ICから逗葉新道を経由して県道207号を、

森戸海岸方面へ5キロ歩きます。

 

 

葉山海岸花火大会の周辺は交通規制はかかりませんが、

無料駐車場はないので有料駐車場に駐車しなければいけません。

 

駐車料金は1時間300円なので、

なるべく公共交通機関を使うのをお勧めします。

 

 

葉山海岸花火大会2017の見どころは?

 

葉山花火大会は1200発の花火の数なのにも関わらず、

約3万人以上の人が集まってきます。

 

人気の理由は大自然の中で花火を見られるからなんですよね。

 

 

海辺のロケーションを活かした水中花火では、

水面に花火が映り込み火と水の幻想的な共演を満喫する事が出来jます。

 

そして天気が良ければ富士山と夜月という、

最高のロケーションを味わうことができます。

 

なんて贅沢なひと時なんでしょうか?

 

会場の森戸海岸は葉山の中でも最も広く、

遠浅で美しい海岸とも言われています。

 

 

葉山海岸花火大会の穴場スポットは?

 

葉山海岸花火大会の穴場スポットを色々と調べてみました。

 

まずは

湘南国際村

です。

 

 

 

湘南国際村は山の上から森戸海岸を眺める形になるので、

混雑する事無くゆっくりと花火を眺める事が出来ます。

 

ただし距離があるので花火は小さくなってしまいます。

 

ですが花火大会で集まった多くの自動車のライトが、

綺麗なネオンになって雰囲気をかもちだします。

 

アクセス方法はJR逗子駅前より、

「湘南国際村センター」行きのバスで着きます。

 

2つ目の穴場スポットは、

一色海岸

です。

 

 

 

花火の打ち上げ場所から山を挟むために、

強い風が吹いていると花火が流れてしまうために、

見るのは賭けになってしまいます。

 

どうしても場所が取れなかったら、

ここをえらぶようにしましょう。

 

 

 

アクセス方法はJR逗子駅前から湘南国際村センター行きのバスで、

到着します。

 

鎌倉花火大会よりも小規模ですが、

10号玉も打上げられ最後のスターマインでは夜空と海上を染め上げます。

 

自然と花火が織りなす絶景をぜひ楽しみたいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    カテゴリー

    Ninja Tools