夏のイベントマップ

立川祭り公園花火大会2017穴場スポットと開催日は?

Pocket

立川の昭和記念公園の広大な敷地を、

存分に確保して打ち上げられる、

迫力ある花火大会が立川祭り昭和記念公園花火大会です。

 

 

毎年多くの人々がこの花火大会を楽しみに、

集まってきます。

 

立川まつり昭和記念公園花火大会は、

三寸玉からの一尺五寸玉、

ワイドスターマイン、芸協玉、匠玉など、

様々なバラエティの花火を打ち上げ、

見る人を魅了させます。

 

 

打ち上げ開始から終了まで、

約5,000発もの迫力ある花火や、

花火師が考え作ったオリジナル花火を、

絶え間なく楽しむことが出来ます。

 

多摩の夜空に鳴り響く音と光の宴は、

圧巻させます。

 

 

2017年の昭和記念公園花火大会(立川花火大会)の穴場スポットや、

場所取り、交通規制などの情報をご紹介します。

 

 

 

立川まつり国営昭和記念公園花火大会 2017の開催日程や時間は?

 

毎年70万人以上もの人々が集まる多摩地区では、一番人気の花火大会です。

 

 

一尺五寸玉やワイドスターマインなど、

打ち上げ総数、約5,000発もの花火が、

立川の夏の夜空を彩る華やかなイベントです。

 

 

立川祭り昭和記念公園花火大会の開催日は、

2017年7月29日(土)となります。

 

開催時間は19:20~20:20までで、

約5000発もの花火が打ち上がります。

 

 

立川祭り昭和記念公園花火大会のアクセス方法は?

 

立川祭り昭和記念公園の開催場所は、

国営昭和記念公園みんなの原っぱで開催されます。

 

電車でのアクセス方法は、

JR立川駅から徒歩15分、
JR青梅線 東中神駅から徒歩約10分、

JR青梅線 西立川駅から徒歩約1分、

多摩都市モノレール立川北駅から徒歩15分、

西武拝島線 武蔵砂川駅から徒歩約20分

です。

 

 

ただ無料駐車場はないので、

車でお越しの方は有料駐車場にとめるようにしましょう。

 

この昭和記念公園は、

夕方18時までは入場料が400円かかります。

 

なので、

それ以降に入場しようという人が入り口でたくさん待ってます。

 

 

花火大会の日はすぐにシートで埋め尽くされてしまうので、

場所取りは計画的に早めに場所取りをしましょう。

 

 

時間がある場合は、

有料で入場してお昼すぎあたりから、

場所取りをしておくと1番良いでしょう。

 

 

場所取りの方法はシートを敷いておくだけで大丈夫です。

 

ただ風に飛ばされないように、

注意が必要です。

 

とりあえずシートを敷いて、

夕方まで公園内を散策してもいいですね。

 

場所取り後は公園から出て立川周辺でお買い物という方法もありますよ。

 

 

立川祭り昭和記念公園花火大会の穴場は?

 

多摩モノレール下歩道

 

立川駅を出てから北に向かってください。

 

右側に高島屋があるので、

そのまま線路下に入ると、

何箇所か花火が見える穴場スポットが存在します。

 

 

イトーヨーカドー東大和店

 

イトーヨーカドーは、

花火大会の現場近くで穴場スポットとして、

好立地です。

 

飲食も出来ますし、

トイレもついてやるので子ども連れの方はオススメです。

 

 

花火大会の日は、

屋上を無料開放しています。

 

 

昭和記念公園昭島口広場

 

花火大会当日はほとんどの人が、

立川駅で降りて昭和記念公園の立川口から、

入園します。

 

ですが東中神駅で降りて、

昭和記念公園の昭島口を目指すと、

割と人混みを避けることが出来ます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    カテゴリー

    Ninja Tools