祭り

船橋港親水公園花火大会2017の日程と穴場スポットを紹介

Pocket

 

船橋港親水公園花火大会は地元で人気のイベントであり、

地元の人が中心ではありますが、大勢の方が見に来ますね。

 

船橋港親水公園花火大会の魅力は毎年テーマが変わります。

 

去年はオーケストラがテーマで音楽と花火の

コラボレーションは迫力もあって見応えがありました。

 

 

船橋港親水公園花火大会は、

千葉県船橋市の「ふなばし市民まつり」のフィナーレを飾る花火大会です。

 

今回は船橋港親水公園花火大会の開催日程や、

見どころ、穴場スポットを紹介していきます。

 

 

 

船橋港親水公園花火大会の2017年の日程と時間は?

 

 

船橋港親水公園花火大会の開催日程は、

2017年8月2日に行われます。

 

例年は7月の最終週の水曜日に行われていましたが、

今回は8月の第1週の水曜日になるのでお間違いないようにしてくださいね。

 

開催時間は19:30~20:30で行われます。

 

水曜日はノー残業DAYの会社の所も多いので、

早帰り出来る人も多いのではないのでしょうか。

 

仕事を終えてから船橋方面に向かって、

花火を楽しんでから帰宅するのも良い夏の思い出が出来そうですね。

 

船橋港親水公園花火大会は毎年、

8500発の花火が打ち上げられます。

 

集客人数は例年8万人もの人が訪れる、

結構地元民からは愛されている花火大会となります。

 

 

 

船橋港親水公園花火大会2017のアクセス方法は?

 

花火大会の打ち上げ場所は船橋漁港内となります。

 

 

電車でのアクセス方法は、

京成電鉄大神宮下駅、またはJR南船橋駅から、

だいたい徒歩15分ぐらいとなります。

 

JR船橋駅南口から徒歩25分となります。

 

花火を見る場所は親水公園側か船橋港側かになります。

 

 

船橋港親水公園花火大会の有料席情報は?

 

船橋港親水公園花火大会は毎年、

有料席の販売を行っています。

 

例年は親水公園側と漁港側の2カ所有料席があります。

 

【親水公園側・漁港側側】

・親水公園会場席:1500円

(販売数320席:当日200席 前売り120席)・漁港会場席:1000円

(販売数600席:当日200席 前売り400席)

 

【購入場所】

購入場所は毎年チケットぴあとなります。

 

 

船橋港親水公園花火大会2017の屋台情報は?

 

船橋港親水公園花火大会は人が大勢来るイベントですが、

実は露店も多く出店されて大変人気です。もともと、ふなばし市民祭りも開催されていて、

その締めに花火大会が開催されます。

 

船橋市民祭りでも屋台は多く出店されますが、

花火大会では出店場所が変わってきます。

 

船橋港親水公園花火大会の屋台の場所は以下です。

 

・船橋漁港

・ららぽーとTOKYO-BAY

 

特にららぽーとTOKYO-BAYは夜市として、

多数の屋台が出店しますので、

 

花火が始まる前に夜市を楽しむのも花火大会を楽しむための、

1つの楽しみ方ですよね。

 

営業時間は夕方付近~20:30くらいまでになります。

 

屋台は花火の上がる時間になると混み合ってくるので、

いろいろと巡ってみるなら早めに行くのがいいですね。

 

ららぽーと側の屋台は店舗がその時に特別に

屋台として出店していたりもするので、

美味しいグルメもあったりします。

 

 

船橋港親水公園花火大会2017の穴場スポットは?

 

船橋港親水公園花火大会は有料席が

公園側と漁港側に分かれています。

 

ただ、それ以外の場所で見るとなると、

漁港側は実は建物など遮るものが多いので、

綺麗に見やすいスポット少ないです。

 

だからこそ綺麗に見える穴場スポットを、

早めに確保する必要があります。

 

1.船橋親水公園の敷地内

 

 

まず穴場スポットで1番良く見える場所は親水公園の敷地内で、

場所取りには最適なスポットですね。

 

ですが、この場所は人が大変込み合う場所なので、

本来は穴場とは言えませんがここは午前中は場所取り禁止になっています。

 

正午から場所取りを開始するので、

朝早くから行いく必要もありません。

 

 

もちろん、正午から場所取りしないと、

どんどん空いているスペースは埋まりますが、

それでも朝早くからとかではないですからね。

 

 

最寄り駅は大神宮下駅から徒歩で10分ぐらいです。

 

 

IKEATokyo-Bay(旧IKEA船橋)屋上駐車場

 

 

KEATokyo-Bayでは例年通りなら屋上の駐車場が

花火当日は無料で開放されます。

 

屋上からなので花火が綺麗に見えます。

 

ただ、看板などもあるので場所によっては

見えにくところもあるそうです。

 

 

商業施設なのでお手洗いや食料も調達して、

飲食を楽しみながら花火を見る事が出来ます。

 

 

ららぽーとTOKYOBAY

 

 

ららぽーとTOKYOBAYも例年通りなら

午後4時から一般の観覧エリアとして開放されます。

 

屋上からなので花火が綺麗に見えます。

 

場所取りのスペースは限られているので、

早めに取っておいたほうがいいかなと思います。

 

こちらも商業施設なのでお手洗いもついており、

飲食を楽しみながら花火を閲覧することができます。

 

最寄り駅は南船橋駅から徒歩で12分ぐらいです。

 

どうせな花火を見るなら計画的に早めに場所取りをして、

楽しい夏の思い出を作っていきましょう。

 

関連記事

  1. 江戸川区花火大会の開催日と見どころや穴場スポットをご紹介
  2. 伊豆大島夏まつり花火大会2017の日程や見どころは?
  3. 高崎まつり大花火大会2017の日程や見どころ、穴場スポットは?
  4. 小見川花火大会2017の穴場スポット、駐車場や交通規制は?
  5. 御宿花火大会2017の日時や屋台情報
  6. 入谷朝顔市2017年の日程やアクセス方法、見どころは?
  7. 八丈島納涼花火大会2017の日程や見どころは?
  8. 深谷七夕祭り2017年の日程と交通規制は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP