阿佐ヶ谷七夕祭り2017年の開催日や見どころは?

Pocket

今年で64回目を迎える「阿佐ヶ谷七夕まつり」は、

東京杉並区で行われる伝統の七夕祭りです。

 

地元民の人が多く集まり、

とても賑やかなお祭りで主催で行っているのが、

阿佐谷商店街組合の方々です。

 

 

実は日本三大七夕祭りにも数えられている全国有数のお祭りなんです。

 

阿佐ヶ谷駅から続く、

「パールセンター」を中心に吹流しや竹飾りなど、

巨大な張りぼてが飾られ、その豪華で巨大な装飾は、

東京でも人気のお祭りに育ちました。

 

今回はそんな阿佐ヶ谷七夕祭り2017年の日程や見どころ、

屋台の場所は時間について調べました。

 

 

阿佐ヶ谷七夕祭り2017の開催日程は?

 

「阿佐谷七夕まつり」はの開催日程は、

7月7日の月遅れにあたる8月7日を中日として5日で開かれます。

 

 

なので8月4日~8月8日までですね。

1954年に地域活性化を目的としてスタートした「阿佐谷七夕まつり」は、

第1回から続く伝統のハリボテが有名で、

パールセンター商店街やすずらん通り商店街に飾られます。

 

開催時間は10:00~22:00となっております。

 

 

阿佐ヶ谷七夕祭りのアクセス方法は?

 

阿佐ヶ谷七夕祭りの会場は、

パールセンター商店街、すずらん通り商店街、

および阿佐ヶ谷駅周辺商店街です。

 

 

電車でのアクセス方法は、

JR阿佐ヶ谷駅南口を降りてすぐのところにある、

「阿佐ヶ谷パールセンター」という所でお祭りは開催されています。

 

 

東京メトロ丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅より徒歩約3分で着きます。

 

駅を降りて南口に出るとすぐに商店街が見えるので、

駅からは迷う事はないでしょう。

 

自動車でのアクセス方法は、

首都高速高井戸ICより約3.5㎞で会場には着きます。

 

阿佐ヶ谷七夕祭りのために専用駐車場は残念ながら、

設置されていないのでなるべく公共交通機関で、

お越しになる事をお勧めします。

 

 

また七夕まつり期間中は週末を中心に、

大変な人が訪れるお祭りでもあるので、

阿佐ヶ谷駅周辺の有料駐車場の確保も大変難しくなります。

 

 

車で来る場合には、会場から離れた所に車を駐車させてから、

パーク&ライド形式での来場するのが良いでしょう。

 

 

阿佐ヶ谷七夕祭り2017の見どころは?

 

商店街を歩いていると、

最期に道が2つに分かれており、左へ進むと、

「すずらん通り」にでます。

 

「すずらん通り」では催し物が沢山行われており、

スーパーボールすくいやヨーヨー釣り、射的や輪投げなど、

定番の屋台が沢山あります。

 

口コミでも屋台の値段は安いと書いてあるくらい、

とても一つ一つの商品の価格がリーズナブルで買うことが出来ます。

 

 

阿佐ヶ谷七夕祭り2017の屋台は?

 

お祭りと言えば、「屋台グルメ」も楽しみですよね。

 

阿佐ヶ谷七夕祭りの屋台は商店街内に並ぶお店が露店を出しており、

100店以上の屋台が大盛況しています。

 

ぶらぶら歩きながら飲食やゲームなどのイベントを楽しむことが出来て、

夏祭りらしい気分を味わえる事が出来ます。

 

 

また阿佐ヶ谷商店会連合による連携イベントも開催され、

お祭りを盛り上げてくれます。

 

屋台の出店している場所は、

パールセンター商店街、すずらん通り商店街、

阿佐ヶ谷駅周辺商店街です。

 

屋台の営業時間は10:00~22:00となっています。

 

カットスイカ、カットパイン、

チョコバナナなどが安く販売されており、

から揚げやポテト、わたあめ、金魚すくい、

ヨーヨーも安い金額で食べたり、楽しむことが出来ます。

 

 

阿佐ヶ谷駅周辺の商店街一帯でいろんな露店やイベントを楽しむことができます。

屋台の時間は商店街の開店から22時頃まで開催されています。

 

 

地元の商店街の人達が工夫を凝らした出店などは、

価格もリーズナブルで美味しいグルメを沢山堪能する事が出来ます。

 

関連記事

  1. 袖ヶ浦市民夏祭り2017の開催日と見どころは?

  2. 橋本七夕まつり2017年の時間と日程はと見どころは?

  3. 青龍祭2017の日程や見どころは?

  4. 八丈島納涼花火大会2017の日程や見どころは?

  5. 三浦海岸花火大会2017の日程と穴場スポット、見どころは?

  6. 小川町七夕まつり花火大会2017の日程と駐車場や穴場は?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。