いたばし花火大会の開催日程や穴場スポット、見どころは?

Pocket

2017年のいたばし花火大会が近づいてきました。

 

いたばし花火大会は昭和25年に東京都板橋区と埼玉県戸田町との間で、

境界変更が行われたのを記念し昭和26年から開催されている、

歴史ある花火大会です。

 

 

数ある東京の花火大会の中で、伝統のある隅田川花火大会に対し

実力のいたばし花火大会として注目を集めています。

 

そして戸田橋花火大会との共同開催にもなっっていて、

川を挟んでどちらからでも花火を堪能する事が出来ます。

 

 

共同開催という事もあり、

打ち上げ数は11000発以上の花火が夜空に毎年打ち上げられます。

 

 

中でも見ごたえがあるのが、

ナイアガラの滝や大スターマイン、

花火師の競演など見どころ満載の花火大会です。

 

 

今回はそんないたばし花火大会を楽しめるように、

板橋花火大会の開催日や穴場スポットを紹介していきます。

 

 

いたばし花火大会2017の開催日は?

 

いたばし花火大会2017の開催日は2017年8月5日の土曜日です。

 

打ち上げ時間は19:00 ~ 20:30となっています。

 

 

いたばし花火大会2017のアクセス方法は

 

いたばし花火大会2017の開催場所は、

荒川戸田橋上流板橋側河川敷 (東京都板橋区・都営三田線側)

となっています。

 

 

電車でのアクセス方法は、

都営三田線の高島平駅、西台駅、

蓮根駅下車は下車して徒歩30分で会場に着きます。

 

 

JR埼京線は浮間舟渡駅下車し、

徒歩約30分で着きます。

 

東武東上線の成増駅、東武練馬駅は、

国際興業バス利用 を利用して各バス停留所より徒歩約15分で、

到着します。

 

 

 

打ち上げ規模と来場者数打ち上げ数約11,000発で、

去年の集客人数は52万人といういたばし花火大会ですが、

見どころは都内最大級といわれる1.5尺玉がオープニング、

中盤、フィナーレで打ち上げられることですね。

 

 

また前半の日本各地からの花火師による

芸術玉の競演や人気のポケモン花火も見どころ満載です。

 

そしていたばし花火大会で有名な

フィナーレの大仕掛けであるナイアガラの滝と、

エンディングを飾るワイドスターマイン「いたばし名物夜空の大万華鏡」など、

どこまでも見る人を飽きさせないですし、

花火大会を楽しむことが出来ます。

 

 

いたばし花火大会2017の有料席は?

 

人手が混みあうと思うのがお金を出しても良いので、

出来るだけ座って気軽に花火大会を堪能したいという事でしょう。

 

そのための有料席情報を紹介していきます。

 

<イス席>

1名3500円S席 1名3000円

A席 1名2500円

 

<テーブル付席>

4名2万2000円

グループS席 8名2万4000円

グループA席 8名2万円

 

<グループ席>

8名2万8000円

 

<芝生斜面グループ席>

8名2万円

となっています。

 

 

 

当日券はないので花火大会当日までに、

チケットを購入しておきましょう。

 

 

いたばし花火大会2017の穴場スポットは?

 

戸田競艇場付近

 

住所はlこちらです。

 

埼玉県戸田市戸田公園8−22 ‎

穴場スポットの最寄駅は、

埼京線の戸田公園となっています。

 

 

 

戸田市側になりますが、

打ち上げ場所から近く花火と音、どちらも楽しめます。

 

戸田側の方は比較的に空いており、

戸田競艇所付近はさらに空いています。

 

人混みが嫌だったり、

開始時間ギリギリの場合はこちらで場所取りをしておきましょう。

 

 

東武練馬駅 イオンの屋上

 

住所はこちらです。

 

東京都板橋区徳丸2丁目6−1

最寄り駅は、

東武東上線の東武練馬駅となります。

 

 

花火大会の会場からは遠いですが、

それでも高く上がった花火が見れればという人はここです。

 

飲食もOKで、トイレも付いているので、

お子様連れの方も安心して花火を堪能する事が出来ます。

 

練馬駅近くのイオンの屋上はおすすめです。

 

芝生広場

 

 

板橋側で野草広場の隣にある芝生エリアです。

 

打ち上げ場所から近く混みあいますが、

早めに場所をとってしまえばど迫力の花火を堪能する事が出来ます。

 

最寄り駅は高島平で駅から降りて徒歩で、

25分ほどで到着できます。

 

 

スーパー「イズミヤ」板橋店屋上>

 

住所はこちらです。

 

東京都板橋区前野町4丁目21−22

最寄り駅は都営三田線の志村坂上駅です。

 

 

地元の人ならではの知る人ぞ知る穴場スポットとなっており、

会場から遠いこともあって毎年わりと空いているそうです。

 

ただし、毎年開放するかはわからないので確認をとって下さい。

 

いたばし花火大会2017の穴場や開催日、

見どころを話してきました。

 

ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

関連記事

  1. 鴨川花火大会の日程と穴場スポット情報

  2. 深川八幡祭り2017本祭りの日程や見どころは?

  3. 湯河原花火大会2017のアクセス、日程と穴場スポットを暴露

  4. 草加市民納涼大花火大会2017年の日程や穴場スポット、見どころ情報

  5. 桶川祇園祭2017年の日程や時間や屋台は?

  6. 小田原酒匂川花火大会2017の開催日と穴場スポットは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。