さいたま市花火大会(東浦和大間木公園会場)2017の日程や穴場スポット、見どころは?

Pocket

さいたま市の花火大会は3回に分かれており、

その中の一つが東浦和大間木で開催される花火大会です。

 

 

これもさいたま市が2001年に政令指定都市になったことで、

記念された花火大会となります。

 

 

 

今回はそんなさいたま市花火大会(東浦和大間木公園会場)の、

日程や穴場スポット、見どころについて紹介していきます。

 

 

 

さいたま市花火大会(東浦和大間木公園会場)2017の日程は?

 

さいたま市花火大会(東浦和大間木公園会場)2017の開催日は、

8月11日の金曜日に開催されます。

 

 

開催時間は、

19:30~20:30までを予定としており、

天候不順の場合は12日の土曜日に延期されます。

 

 

昨年は約8万人もの人がこの花火大会を楽しみに、

来場されました。

 

毎年5000発の花火が上がり、

様々なバリエーションの花火が打ち上げられるのは、

魅力的ですね。

 

 

 

さいたま市花火大会(東浦和大間木公園会場)2017のアクセス方法は?

 

さいたま市花火大会(東浦和大間木公園会場)2017の開催場所は、

大間木公園周辺となります。

 

 

 

電車でのアクセス方法は、

JR武蔵野線東浦和駅より観覧場所誘導ルートを通って徒歩約20分

となります。

 

駐車場はないので公共交通機関でお越しになる事を、

おすすめします。

 

さいたま市花火大会(東浦和大間木公園会場)2017のみどころは?

 

さいたま市花火大会(東浦和大間木公園会場)では、

2.5号玉、スターマインなどバラエティで豪快な花火を堪能する事が出来ます。

 

 

 

さいたま市花火大会(東浦和大間木公園会場)2017の穴場スポットは?

 

武蔵野線陸橋の上

 

ここは隠れた人気スポットとなっています。

 

東浦和駅からは武蔵野線沿いに、

南浦和駅方面に徒歩約7分で到着します。

 

地元の人や会社や学校帰りの方が立ち見で、

花火鑑賞を楽しんでいる方が多いです。

 

 

イオン浦和美園店の屋上

 

花火大会の会場からは、

少し距離が離れた場所にあるので、

迫力はかけてしまいます。

 

 

ですが暑ければ店内に入って涼しむこともできますし、

飲み物や食べ物もすぐに調達できます。

 

あとは何と言ってもトイレが近くにあること。

 

小さなお子様連れの方は、

花火大会の会場近くよりもここの方が快適に花火を楽しむことが出来ます。

 

 

打ち上げ会場で見る場合は、絶対に蚊の対策が必須ですので、

虫よけスプレーの持参や女性の方は、

肌を隠すような服装で行かれることをおすすめします。

関連記事

  1. 江戸川区花火大会の開催日と見どころや穴場スポットをご紹介

  2. 佐倉市民花火大会2017日程や見どころ、穴場スポットは?

  3. 渋川へそ祭り2017の日程と見どころと交通規制は?

  4. 入谷朝顔市2017年の日程やアクセス方法、見どころは?

  5. 船橋港親水公園花火大会2017の日程と穴場スポットを紹介

  6. 奥多摩納涼花火大会2017の開催日程と見どころは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。