一宮町花火大会2017年の日程や見どころ、穴場スポットは?

Pocket

一宮町納涼花火大会は千葉県内の花火大会の中でも、

人気が高い花火大会で有名です。

 

 

九十九里浜の最南端に位置する一宮町は都心から、

1時間程度の場所にあり、サーフィンのメッカとしても有名です。

 

海上に優雅な扇を描く水中スターマインや尺玉10連発、

5発同時打ち上げといった花火は圧巻です。

 

 

 

そんな一宮町花火大会の日程や見どころや、

穴場スポットを紹介していきます。。

 

 

一宮町花火大会2017の開催日程は?

 

一宮町花火大会2017の開催日程は8月5日の土曜日となります。

 

開催時間は19:10~20:30になります。

 

天候が悪く中止の場合は翌日に延期されるので、

悪天候の場合は開催の有無を確認してくださいね。

 

 

一宮町花火大会2017アクセス方法は?

 

一宮町花火大会2017開催会場は、

千葉県長生郡一宮町 一宮海岸

で行われます。

 

 

電車でのアクセス方法は、

JR外房線「上総一ノ宮駅」からタクシーで5分で会場に到着します。

 

 

またJR外房線「上総一ノ宮駅」東口からロータリーで、

無料のシャトルバスが出ています。

 

 

徒歩で歩くと30分かかってしまいますし、

タクシーを使ってもお金がかかってしまうので、

出来ればシャトルバスで向かうようにしましょう。

 

 

車でのアクセス方法は、

東金九十九里有料道路九十九里料金所から車で約20分

千葉東金道路東金ICから東金九十九里道路経由で車で50分

館山道木更津北ICから圏央道茂原長南IC・国道409号・128号経由で車で50分で、

会場に到着します。

 

 

収容台数1000台で無料で止める事が出来る駐車場が用意されているので、

早めに行って車を駐車させましょう。

 

または有料駐車場が付近に幾つか備わっています。

 

 

一宮町花火大会の見どころは?

 

何と言っても会場の立地を生かした、

水中スターマインは見逃せません。

 

水面上で大きな半円状に花開く水中花火は、

芸術品のように美しいと定評があります。

 

全国的にも珍しいこの水中スターマインを目当てに、

写真を撮るために訪れる方も沢山います。

 

1尺玉と呼ばれる大きな花火は見ごたえがあり、

大迫力で夏の夜空には大輪が描かれます。

 

 

一宮町花火大会の穴場スポットは?

 

千葉県内でも人気がある花火大会だけに、

毎年5万人ほどの観客で混雑します。

 

迫力や臨場感を味わいたい場合はメイン会場である、

一宮海岸がオススメです。

 

混雑を避けてゆっくり見たい場合は、

少し離れたところから見ることをオススメします。

 

 

会場周辺の海沿いは大きな建物がなく、

比較的離れた海沿いからも花火を見ることができますよ。

 

その中でもおすすめな穴場スポットは、

太東海水浴場

です。

 

 

太東ビーチパークとも呼ばれていて、

一宮海岸から10キロほど南下した隣町にあります。

 

太東ビーチパークは1年中サーフィンやマリンスポーツを楽しむことができ、

波が穏やかなので子連れでも安心して楽しめる海水浴場として人気の場所です。

 

昼は海水浴、夜は花火を楽しむことができるんので、

一日中遊ぶことが出来るスポットとなります。

 

もう一つの穴場スポットは、

一宮シーサイドオーツカ

です。

 

 

海沿いのホテルでオーシャンビューの部屋があるため、

帰りを気にせずに花火を楽しむことができますよ。

ホテルから花火を堪能し夏休みの思い出を作りましょう。

関連記事

  1. 阿佐ヶ谷七夕祭り2017年の開催日や見どころは?

  2. 館山湾花火大会2017の日程と見どころ、穴場スポット情報

  3. 御宿花火大会2017の日時や屋台情報

  4. いたばし花火大会の開催日程や穴場スポット、見どころは?

  5. 西新井大師風鈴祭り2017の日程やみどころは?

  6. さいたま市花火大会(東浦和大間木公園会場)2017の日程や穴場スポット、見どころは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。