夏のイベントマップ

寄居玉淀水天宮祭花火大会2017の日程と見どころは?

Pocket

 

埼玉県の寄居街で開催され、

1931年から続けられている伝統のお祭りがあります。

 

それが「関東一の水祭り」である、

寄居玉淀水天宮祭花火大会です。

 

100m以上のナイアガラや仕掛け花火、

裏打スターマインや趣向を凝らした様々なバリエーション花火が打ち上げられます。

 

また寄居玉淀水天宮祭花火大会で、

ぼんぼりと提灯で飾られた舟やあm車の明かりが水面に映えて

空と水との美しい光が幻想的な雰囲気をかもちだします。

 

 

 

そんな寄居玉淀水天宮祭花火大会の日程や見どころを、

今回は紹介していきます。

 

 

 

寄居玉淀水天宮祭花火大会2017の開催日は?

 

寄居玉淀水天宮祭花火大会2017の開催日は、

8月5日の土曜日に行われます。

 

開催時間は19:00~21:00を予定としており、

毎年5000発もの花火が打ち上げられます。

 

例年寄居玉淀水天宮祭花火大会を楽しみに、

約6万人もの人が訪れます。

 

 

寄居玉淀水天宮祭花火大会2017のアクセス方法は?

 

寄居玉淀水天宮祭花火大会2017の開催会場は、

埼玉県大里郡寄居町・寄居町玉淀河原です。

 

 

電車でのアクセス方法は、

JR、東武鉄道、秩父鉄道の寄居駅の南口から徒歩で15分で会場に着きます。

 

車でお越しの場合は、

関越道花園ICから国道140号を秩父方面へ車で15分で到着します。

 

駐車場は無料で止めれる所が、

2000台あるので車でお越しの方は早めに来て、

そこに駐車しましょう。

 

 

寄居玉淀水天宮祭花火大会2017の見どころ

 

寄居玉淀水天宮祭花火大会2017では、

城山をバックにぼんぼりや提灯で飾られた舟山車が参加し、

スターマイン・仕掛花火・ラストを飾る100メートルのナイアガラなど、

約5,000発の花火が夜空を咲き誇ります。

 

 

そして寄居玉淀水天宮祭2017は関東一の水祭りとも呼ばれています。

 

・ナイアガラの滝・・・焔管(えんかん)を速火線で連結して一列に吊し、

 

点火すると焔管から火の粉が一斉に流れ落ちる仕掛け花火です。

長いものでは2,000メートルにもなるものがあるそうです。

 

・スターマイン・・・仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。

 

主に2号玉(約6センチ)から4号玉(約14センチ)をいくつも組み合わせて、

短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。

 

制御にパソコンなどを使う場合、デジタルスターマインなどとも言われます。

 

そんな寄居玉淀水天宮祭花火大会を、

この夏は楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    カテゴリー

    Ninja Tools