祭り

松戸花火大会2017の日程や穴場スポット、屋台情報

Pocket

花火の評価される部分というのは、

光、色、音の3つの調和がどのように取れているのかという所です。

 

松戸大会はそんな「光」、「色」、「音」の3原則を大事にしている、

花火大会です。

 

 

今年は歴史を感じる事が出来る、

松戸花火大会2017の開催日や穴場スポット、見どころを紹介していきます。

 

 

松戸花火大会2017の開催日は?

 

松戸花火大会2017の開催日は8月5日の

土曜日に開催されます。

 

開催時間は19:15~20:20となっております。

 

 

荒天候の場合は翌日の8月6日に延期されます。

 

毎年10000発もの花火が打ちあがり、

約22万人もの人が訪れる松戸市一大のイベントです。

 

 

松戸花火大会2017のアクセス方法は?

 

松戸花火大会2017の開催会場は松戸市図書館本館崎の、

江戸川河川敷となります。

 

 

 

電車でのアクセス方法は、

最寄り駅はJRと新京成電鉄の松戸駅に西口から徒歩で15分ほど歩けば、

会場に到着します。

 

花火大会当日は17時~21時半まで交通規制がかかり、

専用の駐車場も設置されないのでなるべく公共交通機関を利用して、

お越しになる事をお勧めします。

 

松戸花火大会の会場までの道のりは1本道なので、

恐らく迷う事はないと思います。

 

 

松戸花火大会とは?

 

千葉県松戸市で開催される毎年恒例の花火大会で、

松戸の夏の風物詩イベント行事です。

 

花火の基本である光・色・音の三原則を重視している大会で、

スターマインや音楽花火などが観客を魅了します。

 

 

松戸花火大会2017の有料席チケットは?

 

松戸花火大会には有料席も設置されるので、

お金を出してでも人混みの中ではなくて快適に花火を楽しみたい、

という方はこの有料チケットを先に購入しておきましょう。

 

 

有料観賞席イス席S 定員1名 5,000円(税込) 1,000席

・イス席A 定員1名 4,500円(税込) 600席
・ボックス席S 定員4名 20,000円(税込) 50セット
・ボックス席A 定員4名 18,000円(税込) 150セット

となります。

 

 

設置される場所は江戸川河川敷となり、

6月19日(月)より先着順で「CNプレイガイド」、「ローソンチケット」、

「チケットぴあ」などで販売されます。

 

 

松戸花火大会2017の穴場スポットは?

 

比較的に松戸花火大会は都内の花火大会と比べれば、

場所は取りやすいです。

ですがどうしても混雑は避けられないので、

比較的に空いている場所で花火鑑賞を楽しみたい方は、

穴場スポットで鑑賞するのが一番となります。

 

 

会場の対岸となる葛飾区側

 

住所は東京都葛飾区東金町7丁目

となります。

 

 

この場所は会場となる松戸市側よりも比較的に空いていますし、

電車で行く場合はJR金町駅を利用していく事が出来ます。

 

花火をキレイに見る事が出来る河川敷で、

金町駅から徒歩で約25分ほどの場所となっています。

 

こちらに行く際は専用の駐車場もないので、

公共交通機関を利用していくのがお勧めです。

 

葛飾橋付近の小山交差点の河川敷

 

住所は千葉県松戸市小山228

です。

 

 

松戸駅から会場を葛飾橋の近くまで行くことが出来ます。

 

橋の近くの小山交差点の河川敷はとても空いているスポットです。

 

松戸駅からは徒歩で約20分で簡単に行けます。

 

小さなお子様連れの方も歩くことが出来る距離で人混みもないので、

ゆったりと家族一緒に花火を堪能したいのならこちらがお勧めです。

 

 

松戸花火大会2017の屋台情報は?

 

お祭り気分で屋台・露店を眺めるのも花火大会の楽しみのひとつですよね。

 

松戸花火大会2017では屋台情報を紹介していきます。

 

松戸花火大会では例年たくさんの屋台・露店でにぎわっています。

 

もちろん、松戸花火大会2017でもたくさんの屋台・露店が並ぶでしょう。

 

実は松戸花火大会の開催場所である、

江戸川河川敷では屋台・露店の出店が禁止されています。

 

ですがJR・新京成電鉄「松戸駅」から江戸川河川敷に向かう県道には、

たくさんの屋台が出店されています。

 

 

やきそば・たこ焼き・お好み焼き・フランクフルト・焼き鳥・かき氷、

クレープ・チョコバナナ・わたあめ・トロピカルジュース・ラムネ・ビール定番のモノは、

一通り揃っているので食べ歩きながら花火大会を楽しむ事もできます。

 

是非一度松戸花火大会を堪能してみましょう。

関連記事

  1. 深川八幡祭り2017本祭りの日程や見どころは?
  2. 御宿花火大会2017の日時や屋台情報
  3. 袖ヶ浦市民夏祭り2017の開催日と見どころは?
  4. 熊谷うちわ祭り2017年の日程とアクセス、交通規制は?
  5. 草加市民納涼大花火大会2017年の日程や穴場スポット、見どころ情…
  6. 浜まつりの開始日程と見どころは?
  7. 高崎まつり大花火大会2017の日程や見どころ、穴場スポットは?
  8. 市川市民納涼花火大会2017の開催日と見どころは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP