祭り

草加市民納涼大花火大会2017年の日程や穴場スポット、見どころ情報

Pocket

 

草加市民納涼花火大会は、

1998年に埼玉県草加市で行われた盆踊り大会が始まりです。

 

当時はアイスの配布や大道芸人によるパフォーマンスが行われていましたが、

子どもたちが喜ぶようにと花火大会が行われるようになりました。

 

 

歴史はまだまだ浅い花火大会ですが、

「子どもたちにふるさとを!地域文化の振興」をコンセプトに、

毎年草加市民納涼大花火大会が開催されています。

 

そんな草加市民納涼花火大会の、

開催日や見どころ、穴場スポットを調べてみました。

 

 

草加市民納涼大花火大会2017の開催日は?

 

草加市民納涼大花火大会2017の開催日は、

8月5日に行われます。

 

開催時間は19:00~21:00です。

 

毎年この花火を楽しみに、

10万人の人が集まってきます。

 

打ち上げ数は例年5000発の花火が夜空を舞います。

 

 

草加市民納涼大花火大会2017のアクセス方法は?

 

草加市民納涼大花火大会2017の打ち上げ場所は、

草加公園です。

 

草加市柿本町272-1
※観覧場所はそうか公園多目的運動広場と総合運動場です。

 

 

電車でのアクセス方法は、

東武スカイツリーライン、松原団地駅東口から、

東武バス新田駅東口行に乗って約15分

(総合グランド前下車→徒歩3分)

JR越谷レイクタウン駅から徒歩30分

となっています。

 

車でお越しの方は専用の駐車場は設置していないので、

駅前のコインパーキングにとめて歩いて会場に来場するようにしましょう。

 

 

草加市民納涼大花火大会2017年の見どころ

 

尺玉花火やスターマイン、メッセージ花火が、

音楽に乗って打ち上げられます。

 

打ち上げ場所と観覧場所が近いので、

迫力の打ち上げ花火を楽しむことが出来ます。

 

ラスト10分のクライマックスは、スターマイン連発なので、

大迫力で目が離せなくて圧巻です。

 

 

草加市民納涼大花火大会2017年の穴場スポット情報

 

打ち上げ場所の周辺は田んぼなので、周辺はどこでも穴場スポットです。

 

周辺をうろうろしながら、空いている場所を探してみましょう。

 

強いて言えば、イオンレイクタウンの屋上駐車場が穴場ですね。

 

 

レイクタウンの屋上なので、駐車場やトイレ、

買い物の心配がありません。

 

赤ちゃんやちびっこ連れでも、

授乳室やおむつ替えスペースなどもあって安心なのでお子様連れの方は、

おすすめのスポットです。

 

草加市民納涼花火大会2017の屋台情報は?

 

草加市民納涼花火大会では毎年、

沢山の屋台が出店していて賑わっています。

 

場所は草加公園の入り口付近に露店が並ぶので、

すぐに見つける事が出来ます。

 

たこ焼きや焼きそば、フランクフルト、お好み焼き、

焼き鳥、かき氷、クレープ、チョコバナナ、綿あめ、

トロピカルジュース、ラムネあどお祭りの屋台で定番の品は出店しているので、

花火と一緒に屋台も楽しんでみて下さい。

 

異常が草加市民納涼花火大会のご紹介でした。

関連記事

  1. 川崎大師風鈴市の日程と行き方や屋台は?
  2. 大磯花火大会2017の開催日や見どころは?
  3. 小川町七夕まつり花火大会2017の日程と駐車場や穴場は?
  4. 入谷朝顔市2017年の日程やアクセス方法、見どころは?
  5. 寄居玉淀水天宮祭花火大会2017の日程と見どころは?
  6. 越谷花火大会2017の日程と穴場スポット情報
  7. 新宿エイサーまつり2017の日程と見どころ情報
  8. 木更津港まつり花火大会2017の日程と見どころは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP