高崎まつり大花火大会2017の日程や見どころ、穴場スポットは?

Pocket

夏休みにはいろいろなイベントがあって、お出掛けが楽しいですよね。

 

長い休みだからこそ、出かけられる場所もあったりしますが、

せっかくお出掛けするのなら夏の風物詩である花火大会やお祭りです。

 

高崎まつり大花火大会は群馬県ではなく、

北関東で最大級の大花火大会です。

 

普通であれば2時間かけて打ち上げる花火を、

50分で打ち上げる連発連射は圧巻の見ごたえです。

 

 

それが群馬県で行われる高崎まつりは、

神輿に和太鼓、阿波踊りなどイベント行事が満載です。

 

今回は高崎まつり大花火大会の日程や穴場スポットについて調べてみました。

 

 

高崎まつり大花火大会2017の開催日は?

 

高崎まつり大花火大会2017の開催日は8月5日の土曜日に行われます。

 

小雨であれば開催されますが、

荒天の場合は翌日の6日に延期されます。

 

 

開催時間は19:40~20:30となっています。

 

 

高崎まつり大花火大会2017のアクセス方法は?

 

高崎まつり大花火大会の打ち上げ会場は、

「烏川和田橋上流河川敷」となっています。

 

 

電車で行く場合は、

JR各線・上越新幹線・長野新幹線高崎駅から、

徒歩約20分で会場に着きます。

 

車で行く場合、

・関越道高崎ICまたは前橋ICから車で約25分

・上信越道藤岡ICまたは吉井ICから車で約25分

で会場に着きます。

 

 

毎年15000発もの花火が打ちあがり、

高崎まつり大花火大会を楽しみに70万人の人が集まります。

 

なので車でお越しの方はしっかりと駐車場がどこにあるのかチェックしておきましょう。

 

高崎まつり大花火大会のおススメ駐車場

 

乗附小学校

 

 

この場所は当日臨時駐車場として、

無料で止める事が出来ます。

 

収容台数は70台なので早めに確保しておく必要があります。

 

片岡小学校

 

 

この小学校も花火大会当日は臨時駐車場として、

無料で駐車する事が出来ます。

 

収容台数は同じく70台なので、

早めに駐車するようにしましょう。

 

聖石橋野球場

 

 

ここの野球場も花火大会当日は臨時駐車場として、

車を停める事ができます。

 

収容台数は200台です。

 

夜の大花火大会だけでなく、

昼間も楽しめるのが魅力の「高崎まつり」です。

 

昼の主役は1717(享保二)年には神社の資料に登場する、

長い歴史を持つ華やかな高崎の山車たちは圧巻です。

 

この怒涛の花火、せっかくなら良い場所で花火を鑑賞したいですよね?

「高崎まつり大花火大会」では、無料の一般観覧スペースが用意されています。

 

 

A会場(和田橋から八千代橋にかけての堤防)

 

 

B会場(烏川緑地・高松エリア、緑地公園内を開放)

 

 

C会場(高崎総合医療センター北側空き地)

 

 

D会場(旧高崎カントリークラブ)

 

 

場所取りは大花火大会当日の「午前8時」開始となります。

 

マナーを守って、できるだけ多くの人が花火を楽しめるようにしましょう。

 

 

高崎祭り大花火大会2017の穴場スポットは?

 

高崎まつり花火大会の穴場スポットとはいえ、

70万人のライバルを蹴落とすのは至難の業です。

 

自分に合った穴場スポットを探すのが一番です。

 

高崎タカシマヤ

 

 

タカシマヤの上の方の階にあるレストランから花火を楽しむことができます。

 

ちなみに、屋上ではビアガーデンが設置されますので、

ビールを飲みながら花火を堪能する事が出来ます。

 

 

ニトリ高崎店

 

 

会場からややとおいですが、

建物が何もないのできれいな花火を楽しむことが出来ますし、

トイレも設置されているのでお子様連れも安心の穴場スポットです。

 

 

高崎公園

 

 

高崎駅から徒歩15分程の距離にある高崎公園ですが、

花火大会の全容を楽しむならベストスポットです。

 

高崎まつり大花火大会の穴場として定番スポットとなりつつある「高崎公園」。

 

それでも、まだまだ「穴場」と呼べる空き具合なので、

まずは足を運んでみて混み具合をチェックしてみて下さい。

 

 

高崎まつり大花火大会の屋台情報は?

 

花火と言えばやっぱり屋台がないとお祭り気分を味わうことが出来ませんよね。

 

高崎まつり大花火大会では屋台がもてなし広場会場を中心に出店されます。

 

また会場近くにコンビニもあるので、

そこで安くお酒を買い占めても良いかもしれませんね。

 

高崎まつり大花火大会は北関東の最大イベントなので、

1度は足を運んで最高の夏の思い出を作ってみてはいかがですか?

関連記事

  1. 下町七夕まつり2017の日程や見どころ、楽しみ方を暴露

  2. いたばし花火大会の開催日程や穴場スポット、見どころは?

  3. さがみ湖 湖上祭花火大会2017の日程、穴場スポット、駐車場は?

  4. 神楽坂まつり2017年の屋台がすさまじい!?日程やアクセス方法は?

  5. 浜まつりの開始日程と見どころは?

  6. 三浦海岸花火大会2017の日程と穴場スポット、見どころは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。