かつうら若潮まつり花火大会2017の開催日や見どころ、穴場スポットは?

Pocket

 

漁港を照らす壮大な花火大会が始まります。

 

色とりどりの花火の迫力が満点で、

水中花火、勝浦漁港内に響き渡る音楽花火は圧巻です。

 

そんな勝浦若潮まつり花火大会の日程や見どころについて紹介していきます。

 

 

 

勝浦若潮まつり花火大会2017の日程は?

 

勝浦若潮まつり花火大会2017の開日は8月12日の土曜日となります。

 

開催時間は19時15分~20時までです。

 

 

天候不順の場合や荒天時は、

翌日の同時間に延期されます。

 

 

勝浦若潮まつり花火大会のアクセス方法は?

 

勝浦若潮まつり花火大会の開催場所は、

勝浦漁港周辺となります。

 

毎年2000発もの花火が、

夜空にきれいに咲き誇ります。

 

毎年5万人近く人がお越しになり、

熱気ある花火大会となります。

 

 

電車でのアクセス方法は、

JR外房線勝浦駅より徒歩約5分で会場につきます。

 

車でのアクセス方法は、

圏央道で市原鶴舞ICより約35km

で会場につきます。

 

車でお越しになる注意点としては、

駐車場がないので周辺の有料駐車場を利用するようにしましょう。

 

 

会場周辺臨港道路で交通規制があり、

公共交通機関を利用することをおすすめします。

 

 

交通規制情報

 

こちらに2015年に行われた通行止めの情報を掲載しておきます。

 

今年も同様の交通規制が予想されます。

駅入口交差点~港橋(18:30~20:30)

港橋~浜勝浦橋(18:30~21:00)

港橋~小柳橋 ※墨名川脇の道路(19:30~20:30)

浜勝浦橋~恵比寿台トンネル~植村記念公園(19:30~20:30)

 

駅入り口付近の交通規制は20:30に解除されますが、

港橋から浜勝浦橋までの交通規制は21:00までとなります。

 

それまでは駅入口交差点からは車両の進入はできませんので注意してください。

 

 

かつうら若潮まつり花火大会2017の見どころ

 

「かつうら若潮まつり花火大会」の最大の見どころは水中花火です。

というのも勝浦漁港という絶好なロケーションを活かした水中花火で多くの人を魅了します。

 

水面一杯に、花火の光が映り込み、日常生活では味わうことのできない絶景は感慨深いです。

 

音楽花火は大人だけではなく、

子供も楽しめるプログラムです。

 

勝浦若潮まつり花火大会は、

8号玉、スターマイン、水中花火などバラエティに富んだ、

種類の花火が打ち上げられます。

 

 

勝浦若潮まつり花火大会2017の穴場スポット情報

 

この花火大会自体が「穴場の花火大会」と言われることもあるくらいです。

広範囲で花火を鑑賞することが出来ます。

 

なので凄くおすすめという穴場スポットというのは、

見当たりません。

 

ただし、「水中花火」を見たい場合には、低いところなので、

会場の近くまで行って見ることをお勧めします。

 

 

勝浦若潮まつり花火大会の屋台情報

 

勝浦若潮まつり花火大会は屋台が約60店ほど出店します。

 

金曜日なので仕事帰りや、

家族と夏休みをとって勝浦花火大会を見て、

夏の思い出を作るのも良いのではないでしょうか。

関連記事

  1. あつぎ鮎祭り花火大会の開催日や穴場スポット、見どころは?

  2. 隅田川花火大会が見えるホテル情報を紹介

  3. 松戸花火大会2017の日程や穴場スポット、屋台情報

  4. 浦安市花火大会2017年の日程や穴場&場所取りスポットは?

  5. 新宿エイサーまつり2017の日程と見どころ情報

  6. 江戸川区花火大会の開催日と見どころや穴場スポットをご紹介

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。