夏のイベントマップ

深川八幡祭り2017本祭りの日程や見どころは?

Pocket

東京を代表する、

三大祭と言うのをあなたは知っていますか?

 

神田祭・山王祭・深川祭がそうなのですが、

その中でも特に家族連れの方に注目してほしいのが深川の八幡祭りという夏のお祭りです。

 

 

毎年30万人以上の方が訪れ、

威勢のよい「神輿」と「水掛け」で、

熱が高くとても盛り上がるお祭りです。

 

 

また毎年、屋台も沢山出展しており、

大人も子どもも楽しめるお祭りとしても人気があります。

 

そんな深川八幡祭りの日程やアクセス方法、

見どころなどを紹介していきます。

 

 

深川八幡祭り2017の日程は?

 

深川八幡祭り2017の開催日は、

8月12日〜15日までとなっております。

 

開催時間は、

7:30〜20:00までです。

 

詳細スケジュールとしては、

8月11日(金) 14:00~ 歌謡・日本舞踊

8月12日(土) 15:00~ 雅楽神楽

16:00~ 能

8月13日(日) 11:00~ 例祭式典

14:00~ 葵太鼓

17:30~ 琴の演奏

20:00~ ガムラン演奏と舞踊

8月14日(月) 8:00~ 神幸祭

19:30~ 太鼓と舞

8月15日(火) 7:30~9:00 各町神輿連合渡御

13:00~15:30 各町神輿連合渡御到着

17:00~ 太鼓演奏

となっています。

 

 

深川八幡祭り2017のアクセス方法は?

 

深川八幡祭り2017の開催場所は、

富岡八幡宮(東京都江東区富岡1-20-3)

となっています。

 

 

祭り期間中は大変混雑し、

交通規制も敷かれるため、

公共交通機関で来場しましょう。

 

電車でのアクセス方法は、

東京メトロ東西線「門前仲町駅」から徒歩3分

都営地下鉄大江戸線「門前仲町駅」から徒歩5分

となっています。

 

交通規制は8月15日に交通規制が行われます。

 

主な交通規制地域は、

永代通り、門仲交差点~木場五交差点

6:30~17時ごろまで通行止め(予想)

その他、渡御のルートに合わせて朝から17時頃まで、

全面通行止めとなります。

 

なのでなるべく公共交通股間で来場するようにしましょう。

 

 

深川八幡祭り2017の見どころは?

 

50基以上の神輿が集まり、練り歩く姿が見どころです。

 

真夏に開催されるお祭りなので、

水かきが行われ、これは担ぎ手を涼しくしようという意味があります。

 

神輿渡御のルートですが、この順序で神輿を担ぎ練り歩きます。

 

富岡八幡宮

東陽3丁目

扇橋公園前

清澄3丁目

箱崎町

新川1丁目(永代橋)

富岡八幡宮特に注目したいのが、永代橋付近です。

 

 

ちょうどお昼の休憩を終えた後に渡りだすことが多いため、

担ぎ手の威勢の良さが感じられる場所でかなりの熱気があります。

 

多くの観客も集まる場所なので、

お祭りの賑やかさを感じたいならこのお祭りはオススメです。

 

 

深川八幡祭り2017の屋台情報?

 

深川八幡祭りでは、

毎年200軒近い屋台が出店します。

 

お祭りの屋台で食べる定番のたこ焼き・焼きそばといった定番グルメは揃っており、

またボールすくいやおもちゃすくいなど、子供も楽しめる屋台が数多くあります。

 

これらの屋台は、富岡八幡宮と永代通りに集中しているので、

お腹が空いたら食べに行きましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    カテゴリー

    Ninja Tools